お子さまの歯をむし歯から守るために

お子さまの歯をむし歯から守るために

乳歯は永久歯に比べて歯質が弱く、大変デリケートです。歯を修復する「再石灰化」の力も大人に比べると弱く、むし歯になりやすく進行しやすいため、お口のケアには大人以上に気を遣う必要があります。

しかし、小さなお子さまは自分でお口のケアができません。お母さまやお父さまがしっかり管理して、大切なお子さまの歯の健康を守ってあげましょう。市川市歯医者「みやじま歯科」では、お子さまの歯を守っていくための様々なアドバイスを行っています。

むし歯をつくらないコツ

大切なお子さまの歯をむし歯から守るためには、歯によい習慣をつけることが大切です。とくに以下の3点に注力してみましょう。

歯にやさしいおやつを与える チョコレートやアメなどは歯の溝に糖分が長時間停滞するのでNG。お子さまの身体の健康を考えて、果物や炭水化物などを摂取することが理想です。
ダラダラと食べさせない お口の中に食べ物があると、お口の中が酸性の状態になってしまいます。食事やおやつの時間を決め、お口を中性に保てる時間を増やすようにしましょう。
食後は必ずブラッシングする 食後は必ずブラッシングする習慣をつけましょう。お口に合ったケア用品の選び方は、歯科衛生士にご相談ください。

むし歯菌の感染に気をつけましょう

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、むし歯菌はいません。むし歯菌は1歳7カ月から2歳7カ月の間に、だ液を介して赤ちゃんのお口にうつると言われています。その間にお母さまをはじめとする、保護者から感染させないように気をつけましょう。

むし歯菌が感染する原因
  • 口移しで食べ物を食べさせる
  • 箸やスプーンなどの食器を赤ちゃんと共有する
  • キスなどのスキンシップ
赤ちゃんをむし歯から守るために

赤ちゃんをむし歯から守るために

むし歯菌の感染を防ぐため、「赤ちゃん専用の食器を用意する」「口を使ったスキンシップを避ける」といったことに十分注意する必要があります。しかし、それ以上に大切なのが、「ご家族全員が健康で清潔なお口を維持すること」です。

お子さまの歯を守るには、歯科医師、歯科衛生士、そしてご家族が手を取り合うことが大変重要です。ご家族全員が適切なブラッシングを行うことはもちろん、定期健診などで歯の状態をチェックし、むし歯がある場合は早期に治療することを心がけましょう。

仕上げ磨きを忘れずに

仕上げ磨きを忘れずに

小さなお子さまは、十分なブラッシングができません。そのため、お母さま、お父さまの手による仕上げ磨きが欠かせません。以下のポイントに気をつけて、適切な仕上げ磨きを心がけましょう。

仕上げ磨きのポイント
  • 歯ブラシはヘッドの小さなものを選びましょう
  • 歯の裏側まで丁寧に磨くように心がけましょう
  • ゆっくりやさしい力で確実に磨いてあげましょう
  • お口の一番奥に生えてくる“最初の永久歯”「6歳臼歯」はむし歯になりやすいため、とくに注意して磨いてあげましょう

キラキラ☆キッズで楽しくむし歯予防

キラキラ☆キッズで楽しくむし歯予防

みやじま歯科では、お子さまに歯医者に親しんでもらい、自分で歯を守る力を身につけてもらうためのクラブ「キラキラ☆キッズ」を行っています。乳歯の生えはじめから永久歯が生えそろったあとまで、お子さまの成長に合わせて長期的に歯の健康をサポートしていきます。

キラキラ☆キッズ概要
入会資格 むし歯ゼロを目指し、歯を大切にしたい0~15歳のお子さま
年会費 1,620円(税込)
入会特典
  • お口の状態を管理できる「お口の健康ファイル」をお渡しします
  • 最大年4回までフッ素塗布が無料
  • だ液検査を通常料金4,320円(税込)のところ、3,780円(税込)で承ります
クラブの目的
  1. 1.15歳の時点でむし歯ゼロを目指すこと
  2. 2.元気な身体をつくること
  3. 3.大人になっても健康なお口を維持すること
クラブの内容
  • お口の健診
  • 歯みがきのチェック
  • 歯のクリーニング
  • フッ素塗布
  • お口に関するアドバイス、情報提供
備考 ご来院時に、「お口の健康ファイル」をご持参ください

生涯にわたって歯の健康を守るために――
行徳の「みやじま歯科」はむし歯予防に力を入れています

ページの先頭へ戻る